2017年10月2日 更新

《毒舌談義》モテるオンナがモテないオンナを斬る!

世の中には、大きく分けると2種類のオンナが存在する。 それは「モテるオンナ」と「モテないオンナ」である。

世の中には、大きく分けると2種類のオンナが存在する。

モテるオンナ」と「モテないオンナ」である。

 

モテる」の定義は色々あるかもしれないが、

ここでは「より多くの異性に、められること。人気があること。」とする。

 

モテるオンナは、常に男性からのデートのいがあり

まめに連絡が入り、美味しい食事をご馳走され、められ、さらにかれる。

つまり、モテスパイラルに乗っている。

一方モテないオンナは、男性との予定もないために

自分の「オンナ」の部分が活性化されず

経験値が高まらないため良い男性を見極める目も養えず、インプットもない。

そうして非モテスパイラルに飲み込まれていく。

 

だから、歳をとればとるほど、そのは広がる一方なのである。

 

モテオンナとモテないオンナ。

その差の発端はいったいなんなのか。

どうすれば、モテないオンナは「モテスパイラル」から抜け出せるのか。

今回は、私が知る限りモテてモテて仕方がない女性2人に協力してもらい、

モテないオンナはこれがダメ!」談義をしてもらった。

 

 (6986)

エリカ(仮名)24歳。
自営業でヘアメイクサロンをしており、外資系金融コンサルに勤める29歳の彼と婚約中。
23歳まではキラキラ港区女子生活を楽しみ、満足したところで彼と真剣に交際を始めたとのこと。
ユリ(仮名)27歳。
銀行窓口勤務。
同い年の彼氏と同棲しながらも、年齢・国籍問わず、様々な場所で様々な人の話を聞くのを趣味とし、彼女の誕生日会には男女100人が軽く集まるという噂も…。

とりあえず、外見をこれでもかというくらい磨け。

 (6987)

エリカ(以下:E)「モテないオンナって、自分磨きが中途半端。裸で全身鏡に自分を映して、いい気分になれるくらい自分磨いてから『モテたい』とか言ってほしい。」

ユリ(以下:Y)「ネット上にある“美人じゃなくてもモテる”とか、真に受けて努力しない子は本当にモテないよね。あんなのメディア的にPV上がるから書いてるだけなのに。」

E「そうそう。自分を正当化できるああいう甘やかし記事って人気だもんね。」

Y「少しでも若いうちに、これでもか!ってくらい自分に時間やお金を投資して、1ミリでもキレイになる努力をする。」

E「その上で、努力を人には見せない。特に男性には見せない。

Y「モテないオンナは自分の怠惰を正当化するのがうまいし、メディアに乗せられやすい。あ、ごめんこの会話もメディアに乗るのか。笑」

E「とにかく、モテたいなら言い訳せずにまずキレイになる努力をとことんやれってことだよね。」
 

母数を増やせ。

 (6988)

Y「モテないオンナって、いろんな意味で狭いよね。」

E「視野とかってこと?」

Y「うんまあ視野もだし、交友関係とかストライクゾーンとか想像力とか、もっというならSEXのバラエティも。」

E「(笑)でもたしかに、モテたいとか出会いがないっていってるオンナは自分から人との繋がりを広げようとしないよね。『合コンにくるような男と付き合いたくない。あまり者同士じゃん』とか言っちゃう子とかね。」

Y「そうそうそうそう!!相席屋とかちょっと遊びにいってみようよって誘っても『えーチャラそうだしやだ』とか。」

E「最初からビビッと来てゴールイン、とかを夢見てるのか、1回も食事もしたことない人を『なんか違うと思うんだよね』とかいってあっさり斬っちゃったりね。」

Y「そういう相手が有り余ってるならまだしも、他に候補もたいしていないくせにそんなこと言ってるよね笑」

E「仕事もそうだけど、恋愛もPDCA早く回して、色々試して経験値あげていかないとオンナはどんどん劣化する

Y「PDCA(笑)でも確かに、好きじゃなくても、きもくても何でも良いから、まず母数を確保するのは大事だよね。質を担保するのは量だよね。」

E「なんか話が小難しくなって来たけど、とにかくモテたいなら、いろんなことに挑戦したり、いろんな場所にいったりして、そこで男女問わずいろんな人と繋がっていく努力をした方が良いよね。」

Y「そゆこと。」
 

プライドを持て。

 (6989)

E「モテないオンナって、卑屈だからさらにモテなくなるよね。」

Y「まあ、努力もしてないから自己評価もそれだけ低くなるからかな。」

E「そうなるとプライドがないから、都合のいいオンナになっちゃったり、他のオンナに引き立て役として利用されたりするよね。すごく損。」

Y「素材はいいのに、自信とプライドが無いせいでモテないオンナになっちゃってる子、結構多いなあ。」

E「プライドって、決して融通の利かない高飛車な人間ってことじゃなくて自分自身を認めて、もっと幸せになるための心構えって感じなんだけどね。」

Y「“プライドの高いオンナはモテない”って世の中で言われているのには、多分2つ根拠があると思っていて。」

E「あー、よくあるよね、そういう記事も!」

Y「ひとつは、プライドの意味が“見栄”“意地”と捉えられていること。つまり柔軟さのないメンドクサイオンナって言う意味で、プライドが高いって使われてる。」

E「本当は誇りとか信念っていう方が近いよね。」

Y「もうひとつは、“オンナには都合いい存在でいてほしい”っていう男の願望があること。」

E「なるほど。確かにプライドなくて扱いやすい都合いいオンナは、ちやほやされやすいけど、バブルみたいに一瞬で終わるよね。」

Y「本当にモテて、男性がたくさんお金も時間も気遣いも注ぎ込むオンナって、基本的にみんなプライドが高い。」

E「間違いない!」
 

談義終了

ユリさん、エリカさん、ありがとうございました。

まとめると、まず自分の外見をとことん磨く努力をする

それによって少し自信を持てるようになる

そうすれば交友関係を広げられるようになって来て、母数が増える

広げた交友関係の中で自分の経験値を高め、さらに自信をつける

その自信のもと、見栄や意地ではない、本来の意味のプライドを持つ

これが、モテないオンナがモテるオンナになるための、逆転スパイラル、ということですね。

かなり毒舌でしたが、参考になったでしょうか?

 

関連する記事 こんな記事も人気です♪

恋愛初心者が相席屋にいってみた!①

恋愛初心者が相席屋にいってみた!①

そんな恋愛絶食系女子の私ですが、今回は他の恋愛初心者仲間を連れて一念発起、出会えると話題の相席居酒屋に足を運んだのでレポしていきたいと思います。
不安?恥ずかしい?相席屋初心者の声にこたえます。

不安?恥ずかしい?相席屋初心者の声にこたえます。

「本当にタダなの?」「どんな人が来るかわからないし、変な人に当たらないか不安」と、一歩を踏み出せない人は多いはず。 そんな相席居酒屋初心者の疑問に答えるべく、「婚活応援酒場・相席屋」のシステム、雰囲気などを調べてみました。
相手の〇〇に注目!!自分に興味があるかどうかを見抜く《 相席屋攻略術 》

相手の〇〇に注目!!自分に興味があるかどうかを見抜く《 相席屋攻略術 》

初対面の方が自分に興味があるか、ないか、もしわかったら・・・。 本心はふとした仕草に出てしまうもの。心理学を勉強していた相席ライターYが伝授!
相席ライターが伝授!できる男性と思わせるテクニック【お会計編】

相席ライターが伝授!できる男性と思わせるテクニック【お会計編】

お食事デートでお会計の際、皆さんはどうしてますか?? まさか・・・女性の前でお会計してないですよね??
予定のない花金、続いてない?週末を充実させる3つの方法♡

予定のない花金、続いてない?週末を充実させる3つの方法♡

毎週必ずやって来る、金曜日。 世の中は開放感に包まれ、駅前や商店街はにぎわっています。 あなたは毎週の金曜日を「花の金曜日=花金」にすることができていますか?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

婚活応援酒場”相席屋” 婚活応援酒場”相席屋”